マンション1棟買いをしよう|空室リスクが少なく安心

アパート経営の負担軽減

スーツの男性

アパート経営を行う場合には、物件の賃貸管理を専門家に任せることで効率的に経営を行うことができます。場合によっては、入居者の管理をすべて任せることで、一定の家賃保証をしてもらう方法もあり、そのようなサブリースの方法であれば手軽にアパート経営をすることができます。

More Detail

上手に活用しましょう

計算機

サブリースは利用者への又貸しを前提とした一括リース契約で、費用は一般的な管理契約よりも高額にはなるものの、空室の家賃保証や滞納保障、入居審査やクレーム対応まで一括で管理会社で対応してくれます。導入の際には、免責期間の長さと、メンテナンスや修繕の条件、会社変更時の引き継ぎ体制を特に確認しましょう。

More Detail

マンション投資で成功する

マンション

特徴は空室リスクが小さい

マンション投資にはマンション1棟買いと区分マンションという方法があります。区分マンションというのはいわゆるワンルーム投資のことで、マンションの一室を購入して賃貸として貸し出す方法です。サラリーマンなどで手持ち資金が少ない場合に投資できる方法です。そのため空室が出ないような対策をして、家賃収入を確保する必要があります。その点マンション1棟買いだと部屋数が多いので、空室が出ても影響が出にくいというメリットがあります。ただしマンション1棟買いする場合、信頼できる不動産会社を見つけることが大事です。売買実績が豊富で収益物件を多数抱えている業者なら安心です。今後は少子化が進むので、その対策として立地や周辺環境のよい物件を手に入れることが重要です。

入居者のターゲットを絞る

マンション1棟買いをする場合、入居者のターゲットを決める必要があります。周辺に大学や企業などがある場合は単身者の入居が見込めるので、ワンルームタイプの部屋が多いマンションを買った方が有利です。周辺に住宅地が広がっていて小学校などの公共施設が充実しているエリアではファミリー層が多いので、2DKとか3DKなどのファミリータイプの部屋が多いマンションを選びます。このように入居者によって部屋のタイプを工夫すると、入居率のよいマンション経営ができます。中古のマンション1棟買いをする場合は、築年数が重要になります。築年数が浅い物件は値段も高めですが、メンテナンス費用や修繕費がかからないので結果的にはお得です。

成功させるコツ

握手

鎌倉は魅力的な場所ですので、ビジネスチャンスも多くあります。不動産ビジネスを成功させるには、先の展開を読む必要があります。先の展開を読むには、人口動態の変化に伴う需要の変化を推測することも重要になります。

More Detail